上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日報告したアルバムの発売延期。
これが決定した翌日。
スパークリングジャムブランドは渋谷エイジアPでライブでした。

正直テンションに影響するほどの残念さがまだ残る中、気持ちをなんとか切り替えようとステージに上がる前、上がってからもメンバーそれぞれ自己とバンドとやりあってたように思います。

でもその日のステージのラスト。演奏曲はBURN!!エンディングのインストです。その曲でこのバンドはひとつ心に残る瞬間を迎えました。

短い曲なんだけど、後半に差し掛かったあたり
よくこのあたりから僕はドラムの前に行って、ヒロに向かって
グーをグルグルブンブン振ってます。
でもこの日は既にホンセクがいました。その中に入っていった瞬間。
なぜかメンバーがドラムを囲って、というかドラムに向かって。
プレイで煽り出した!!
ステージのラストでこんなの初めてだ。
ありえない状態。リズムがドンドン早く高鳴って、

3・・・2・・・1・・・ぁ?

ドラムス、シマダヒロが壊れた。
ヤツの顔、最高笑ってる。
騰がりきった気持ちがすご過ぎて、カラダがついてきてない。
というか絶対についていけないのが見てわかる。
やりたいことはわかる。伝わってる。きっとメンバー全員に。
でも、必死に動いたやつのカラダからは精一杯のクラッシュシンバル一撃。。カラダが可笑しくなってる!?
何だそれ!!!

でもね、ステージ上はメンバーみんな何が起きてるかを理解してました。


ス、スゲェ・・・  うわぁ・・・スゲェ


曲を通して高めたこのバンドのある意味最高潮。
それがシマダヒロを通して、表現できた。いや、された。
なぜヤツを通してバンドが表現したかはわかりません。


もしかしたら、いや、きっと客席側から見たら
どうしたの?何がおきたん?大丈夫?
って見えたかもしれない。そのままドラムグダグダのまま演奏終わったし。
でもこの時、決して良くない心境で上がったステージでは
こんな信じられないことを起こせました。
これはスパジャムにとって、
ステージ上でなきゃ意味がなかった出来事だったと思います。

バンドにいる音の神さまが教えてくれたのでしょう。
「もっととてつもなくでっかいことやるんだろが!先行け、先!」と。

絶対大きくなったよ、またこのバンドは!!

ドラムシマダヒロもミクシー日記に書いてましたが、
どうしてもまだ頭から抜けない衝撃シーンだったので、
遅くなりましたが書きました!!

次回は20日エイジアP、21:00~~
ガンガンいくぜい。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 アサカコウギ発!!, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。